頑固なところ。

サンふじがだんだん赤く色づいてきて、早い子はもう蜜が入って美味しく食べられる子も
います。
そんな中、頭を悩まされるのが、鳥さんの被害。完熟な所を知っているので結構つつかれている
リンゴが多いです。つつかれてしまうと、二等品にもならず、リンゴジュース搾り体験の
材料ゆきになってしまうのですが、それもそんなに沢山いらないし、困ったものです。

なので、鳥除け対策をあれこれやっているのですが、効果は微妙な所なので、もうひと策
やってみることに。それは、ゴミ収集所などにもある、カラスのダミーです。ゴミ置き場の
カラスダミーは、カラス除けですが、畑に置くカラスのダミーは他の小さな鳥たちを近づけさせない
ようにする意味です。ホームセンターへ行くと、プラスチック製のダミーが一羽980円くらい
らしいのですが、高い!!!!広い圃場に1匹なんて意味ないから、何匹か揃えるとすると、
膨大な額に・・・(私の感覚で)
なので、いっちょ作ることにしました。

ちなみに、私という人間は非常にケチケチです。その血は両親から受け継がれていて、
とりあえず手作りする、とりあえず自分で直してみる。というものが家庭の中であたりまえの
ことだったので、私もそういう考えになりました。そして、自分たちでやることの素晴らしさ
も知っているので、これが時間の無駄、やら面倒くさくて馬鹿げている、なんてこれっぽっちも
思わないのです。

そもそも、まず市販されている物は、手間賃や利益が入るためか、質の割には高い。
そして、安く手に入る物は作りがテキトーですぐに壊れてしまう。本当に良い物はめちゃ高い。
なので、私の方針は、欲しい物があったら既製の物を買う前に、とりあえず手作りしてみる。
こつこつ気長に取り組む。
作れない物はそう無いので、案外手作りで済むことが沢山あります。それは食品や加工品もそうだし、日用品やちょっとした道具なんかもそうです。なにより、手作りの方がずーっと愛着が持てるし、そうすると、長く使おう、メンテナンスしてずっっと使おうと、物を大切にできるからです。

しかし、夫とその家族はあんまりこういうタイプでは無いので、私が手作りでいこうとすると
あんまり理解されませんが、夫は節約には意欲的なので、経費削減の策として手作りを推進すると
納得してくれます。

と、いうことで、今回のダミーのカラスも手作りで。
黒い布があったので、試作品として2羽作りました。

・・・・・・しかーし、できあがった代物を見て、自分がこんなにもダミー作りのセンス
(というか、下書きの時点での描写力のなさ)が無いものか、とがっかりさせられました。

で、コレ↓
a0170307_9542876.jpg

もう1羽はまだまともなシルエットだったと思うけど、(既に畑へ吊されたので写真なし)
これはヒドイ!!!!頭が扁平だし、くちばし細すぎるし、超ずんぐりむっくり。
ぜんぜんカラスじゃない!
もう半分ウケ狙いで畑に持って行ったら、案の定夫には爆笑され、自分が作った黒いゴミ袋製の
ダミーの方が似ていると言われる始末。こんちくしょー、とそちらを見に行ったけど、
どっちもどっちだ!
これでは、他の鳥たちに笑われるでしょう。というかカラスに怒られる。
しかし、やってみないと分からない。
もう少し作ってみて、様子を見てみようと思います。

お願い、鳥さん騙されてください!!
[PR]
by erichamereon | 2010-11-10 10:02 | 畑しごと


<< だんだん・・・・・ 最近のこと。 >>