訪問者。(ある意味ホラー)

早足で梅雨入りしたものの、ぜーんぜん雨降りません。なので、雨の中の摘果は免れて有難い限りです。
でも、日差しが、日差しが暑くて木の上でクラクラする…。はじめのうちは熱中症になりそうになったり、過酷だ。

さてはて、この春と夏の間、この時期に我が家では「恒例!春の大ムカデ祭り」開催中です!

……ウギョー。。(もれなく今日もご対面のち確保!)

私はここ1ヶ月半で6匹もおうちの中で「こんにちは!」しました。そのうち1回は手の甲にへばりつきました!!ありったけの雄叫びをあげたのは、言うまでもありません。

何でこんなに出るの?!っていうくらい、出没するのですが、毎回ご対面してガムテープでペトっとするのは私なのです。他の家の人はこんな現実を知らないのです。嫌!嫌!言ってる人の前に現れるのは、何かあるのでしょうか。

ムカちゃんは、たいていつがい(夫婦的な)で行動してるそうで、小さめサイズのメスを見たら、どこかに大きいオスがいるらしく…。しかし、私は圧倒的にオスをゲッツしてますが。。
どういうことでしょうか?

メスならまだしも、オスのあの存在感。黒光りを目の前にして一気に血の気が引きます。流れる空気はマイナスの冷気です。勇気を振り絞ってガムテープでペタっ!しかし、相手はオスだ、華麗な海老反りで抵抗するのだ。その時の恐怖ったら無いよ…。

こちらに嫁ぐまで24年間、ムカデというものをこの目で見たことは無く、想像の世界あるいは図鑑の世界の住人でしたが、こちらではひとつ屋根のした同居なんて!

一説によると、川や池やらの水辺が近いと出るとか?…あー、家の前池あるし、後ろは天竜川だよ。

たぶん、超気密住宅にでも住まない限り、一生のお付き合いでしょうから、覚悟を決めなきゃですが、4年住んでますが、こんなん慣れる訳ないじゃん!

どうやったら家の中に入ってこないか、真剣に悩んでいます。

仮に平均寿命まで生きるとすると、
84歳ー28歳(現在)=56年!
あと56年、仮に1年のうち6匹出会ったとする。

56年×6匹=336匹!!!!!!!

オオオゥゥゥ……


憂鬱です。

田舎暮らしにはこのようなリスクが伴うこと、知っていれば…もう少し…

腹をくくろう!


こんな内容のブログを最後までお読みいただき、ありがとうございました。
a0170307_20274465.jpg

↑親たちが黙々と摘果中、ふと目を離した隙に、原っぱで眠りに落ちた息子!びっくりしたよ…焦ったよ。
[PR]
by erichamereon | 2013-06-04 19:58 | 畑しごと


<< マクロビオティック的なレシピ ブログを書く時間を探して早10日目。 >>