カテゴリ:畑しごと( 45 )

まだまだ。

ひたすら、摘果中。

が、4つあるうちの3つの畑がほぼ終わり、残る1つの畑もあと半分ときた!(荒摘果は)

終わりが見えてきたーッ。

作業が終わる頃を予測して、徐々に私用の予定が入っていく喜びよ。

しかし明日あたり梅雨入りな予感。
雨降ってる時にはやりたくないけど、梅雨にそれを言っては仕事が進まないであろうから、覚悟せねば。。。

息子も週に3日のみっけ(保育園)を楽しみに通うようになり、 引き出しがどんどん増えてって、私と一緒に畑の日もそれなりに自分で遊びを見つけて過ごしている。今はじっくりと相手をしてあげる時間がないから、荒摘果が終わったら息子サービスしなくちゃなぁ。


とりあえず、そんな日々。徒然。
(写真撮る暇なし)
[PR]
by erichamereon | 2014-06-04 22:08 | 畑しごと

花摘む日々。

りんごの白い花が満開で美しい畑です。
a0170307_23273624.jpg


先週の木曜日あたりから本格的に花摘みが始まりました。またこのひたすら地道な季節がやってきた。
だけど私は、手はひたすら摘み摘みしてるけど、頭は色んなこと考えたり出来るこの作業は嫌いじゃないな〜。

単調になりがちな期間だけど、最近少し違う楽しみが増えました。
それは、久しくご無沙汰していた天然酵母パン作り。酵母はりんごである!

りんご酵母は、発酵が違う方向へ進むとすぐ酸っぱくなり(酢酸菌が活発に活動する)、個人的にはなかなかパンを焼くのが難易度高しな酵母だったのです。

んがしかし、とある違う用途の為にりんごを丸ごと絞って瓶にて保管しておいたら、シュワシュワーっと発泡していたのだ!
a0170307_23272781.jpg

この時のシュワシュワさんは元気MAXで、こっ!これは何という発酵力?!もしや…と思い元種を仕込んでみると…
a0170307_23272828.jpg
とってもいい感じ♫
そして実験的な気持ちで、パン作り開始。
自分で言うのは阿呆だが、、今まで史上最高の美味しいパンになりました!
a0170307_2327335.jpg

a0170307_23273415.jpg

まったく酸っぱくないし、もっちりフワッとで、天然酵母ゆえ長時間発酵になってしまうが逆に小麦粉の旨みが出てる感じ。
しかももう4回連続成功しているのだ。

…しかし、温度変化に敏感な彼らがこの先もパン作りのペースに合わせてしっかりと現状キープして生きてくれるのか?


生き物相手は難しいけど奥が深くて面白ろーいです。

目標は通年このりんご酵母を使って、パンを焼いていく事だわー。
a0170307_23273276.jpg

だから今、私の頭ん中は酵母の事で一杯です。

あれれ、何か違う??
[PR]
by erichamereon | 2014-04-29 22:55 | 畑しごと

やっとこ。

今週の土日は、1年で最も混み合う日だった我が農園です。

来てくださった皆さま、ありがとうございました!

オーナーさんの収穫も、りんご狩りのお客さんも、お天気ポカポカよい陽気でホッとしました。

こうして、いろんな方とお話しして、馴染みになってきて、頑張れーとか言ってもらえて、とてもパワーが貰えました。感謝でございます。
子供たちも大きくなったり増えてたり、楽しみなことが沢山あってこういう時間は尊いなぁ…と。

年々、息子に弟妹は…?のプレッシャーがじわりじわりと来てますが、子は宝。何人でも降りて来て頂ければ…な嫁です。

今年は(も?)贈答用のりんごが足りず(春の霜と、台風の枝ずれやらぶつかったりやらでキズものが多いそうな)ご迷惑をおかけしてますが、たぶん自家用は沢山出ると思うので、利用してくださいませ。

(ということで、今日も忙しさにかまけて写真取り忘れ…なし!です)
[PR]
by erichamereon | 2013-11-24 22:00 | 畑しごと

100年分のつけが…。

小僧がなかなか手強くブログ更新もままならぬ。ひとりの時間があるって本当に幸せなことですわ。当たり前にあるものではないのね。

午前中は晴れ間もあったけど、おやつタイムあたりからついに雨が降り始めました。でも風はなし。

最悪なパターンにはならなそうな今回の台風。だけど明日は天竜峡のハロウィンイベントがあるのに。奇跡的に晴れないかなぁ。

ただいま我々はりんごの葉つみ&玉回し中。ひたすら葉っぱを取ったり、りんご回したり…単純作業が苦手な人には拷問であろう。まだまだ終わりは遠く永遠に続きそうな気がする。

農家には主婦と同じようにやることがエンドレスにあるのだということが一般的には知られてないんだろうなぁ。野菜や果物が高い!とか言われたりするけど、労力を考えるとふざくんな!!と憤りたくもなる。決まった休みもボーナスもないしね。

でも、農業は生きる基本なんだから誇りを持たねば!!


a0170307_1626092.jpg

[PR]
by erichamereon | 2013-10-25 16:11 | 畑しごと

秋のそば祭り。

朝晩は長袖を羽織らないと寒くて仕方ないのに、昼間のこの日差しの強さと暑さはなんだー。

そんな今日は天竜峡そば祭りが開催されました。
何やら、東海ウォーカーという雑誌に掲載されてるらしい。
地元で育てたそば粉でいただけるのは素敵な事ね。結構盛ってくれて(1.5人前)500円なり。

その他にも野草の天ぷら(コスモスの花に!菊芋の花と葉、シソの葉と桑の葉の天ぷら!)自家製の天ぷらまんじゅう、ネギだれおでん、地元の野菜と果物地元産そば粉を使ったおやきとたこ焼き。

うーん、グルメ祭りである。

また明日、22日の日曜日も開催されますので、是非ともいらっしゃいませ!

こういうの前もって宣伝しなくちゃなぁ…商売人の素質ないなぁ。だめだなぁ。

ちなみに、私と息子もりんごジュースとジャムをもって出店してます。

ポニーさんの馬車もあるのだ。
a0170307_1645669.jpg


会場は天竜峡の高台にあって、とても眺めも良くて気持ちの良い所なのです。
三遠南信道の天竜峡インター下車0分。
隣のそば畑の中であります。
[PR]
by erichamereon | 2013-09-21 16:34 | 畑しごと

夏のなつやすみ。

酷暑と言わんばかりの暑い日が続いたけれど、この3連休は割と過ごしやすい気候だったこちら。風が涼しく爽やかで、これぞ長野県のイメージそのまんま!

その3連休中の昨日今日と、地元のお祭り「天竜峡そば祭り」に出店しました。
実にロ〜カルなお祭りなので、出店者は地元のおじちゃま・おばちゃまで、取れたての野菜とかお焼きとか五平餅とか地元の養豚屋さんの串焼きとか。

メインはもちろん地元(というか会場がそば畑の中!)で取れたそば粉を使ったお蕎麦で、野草の天ぷらとか、手作り揚げ饅頭とか、この時代に宝である田舎のグルメ満載でした。

1日目は割と遠方からいらっしゃったお客さんで賑わって、2日目は地元の人がのんびりする感じ。
a0170307_16272010.jpg

(写真は2日目の終わり頃…だいぶお暇な空気が…)
こういう手作りなお祭りってすごく好きだけど、なかなか上手くアプローチが出来ていないような、集客が課題かもなぁと思った。難しい。。

会場にはポニーさんもいて、馬車を引いてくれた!隣に生えてるそばが好物らしい。
a0170307_16271989.jpg


また、再来週に「天竜峡 和に遊ぶ」という古典芸能(おんがく)とコラボするイベントが開催されます。こちらは天竜峡交流館の前で。普段触れない和楽器を演奏してみたり、プロの演奏をきいたり。これはなかなか面白いイベントで今年2回目。
地元を盛り上げようと若手が頑張ってます。
ちなみにうちもまた出店。

出店すればする程、地元の人と馴染みになって、楽しくなっていきます。人間は群れで生きる生き物。知り合いが増えていくのが嬉しい自分。


しかし2連チャンの出店はさすがにクタクタだー。息子は爆睡中。でもまわりの沢山の人に構ってもらってて息子も楽しかったであろう!

おつかれさまでした。

只今ワーキングさん滞在中。
この時期に来て頂いて恐縮です。
明日はうちらも畑仕事に参加するどー。
[PR]
by erichamereon | 2013-07-15 16:00 | 畑しごと

訪問者。(ある意味ホラー)

早足で梅雨入りしたものの、ぜーんぜん雨降りません。なので、雨の中の摘果は免れて有難い限りです。
でも、日差しが、日差しが暑くて木の上でクラクラする…。はじめのうちは熱中症になりそうになったり、過酷だ。

さてはて、この春と夏の間、この時期に我が家では「恒例!春の大ムカデ祭り」開催中です!

……ウギョー。。(もれなく今日もご対面のち確保!)

私はここ1ヶ月半で6匹もおうちの中で「こんにちは!」しました。そのうち1回は手の甲にへばりつきました!!ありったけの雄叫びをあげたのは、言うまでもありません。

何でこんなに出るの?!っていうくらい、出没するのですが、毎回ご対面してガムテープでペトっとするのは私なのです。他の家の人はこんな現実を知らないのです。嫌!嫌!言ってる人の前に現れるのは、何かあるのでしょうか。

ムカちゃんは、たいていつがい(夫婦的な)で行動してるそうで、小さめサイズのメスを見たら、どこかに大きいオスがいるらしく…。しかし、私は圧倒的にオスをゲッツしてますが。。
どういうことでしょうか?

メスならまだしも、オスのあの存在感。黒光りを目の前にして一気に血の気が引きます。流れる空気はマイナスの冷気です。勇気を振り絞ってガムテープでペタっ!しかし、相手はオスだ、華麗な海老反りで抵抗するのだ。その時の恐怖ったら無いよ…。

こちらに嫁ぐまで24年間、ムカデというものをこの目で見たことは無く、想像の世界あるいは図鑑の世界の住人でしたが、こちらではひとつ屋根のした同居なんて!

一説によると、川や池やらの水辺が近いと出るとか?…あー、家の前池あるし、後ろは天竜川だよ。

たぶん、超気密住宅にでも住まない限り、一生のお付き合いでしょうから、覚悟を決めなきゃですが、4年住んでますが、こんなん慣れる訳ないじゃん!

どうやったら家の中に入ってこないか、真剣に悩んでいます。

仮に平均寿命まで生きるとすると、
84歳ー28歳(現在)=56年!
あと56年、仮に1年のうち6匹出会ったとする。

56年×6匹=336匹!!!!!!!

オオオゥゥゥ……


憂鬱です。

田舎暮らしにはこのようなリスクが伴うこと、知っていれば…もう少し…

腹をくくろう!


こんな内容のブログを最後までお読みいただき、ありがとうございました。
a0170307_20274465.jpg

↑親たちが黙々と摘果中、ふと目を離した隙に、原っぱで眠りに落ちた息子!びっくりしたよ…焦ったよ。
[PR]
by erichamereon | 2013-06-04 19:58 | 畑しごと

ブログを書く時間を探して早10日目。

相変わらず摘果三昧な日々。
こういうことは禁句だろうが、、、

正直、飽きた!!!

でも、まだこれでも半分やっといったか?くらいだと思う。
修行だ〜。

農作業は単純作業であることは百も承知で、割と自分は単純作業が好きで向いてると思ってたけど、さすがに…。

でも、これやらねば秋のりんごさんがあり得ない事になっちまうし、いかんせん手数だから頑張らねば。

毎日息子と畑へ行くけど、親とじぃが摘果に夢中でその間はあんまり相手してあげられないので、申し訳ないなぁ…可哀想な事してるんかなぁ…とションボリしてた私ですが、ありゃ?本人見ればあるもので工夫して楽しそうに過ごしてるよ。
a0170307_22471113.jpg

何でも遊び道具に出来ちゃうのね。
ちょっと安心。

今週は、大阪から修学旅行の中学生が農業体験で来て農家民泊あったり
a0170307_22471262.jpg

日曜日は隣町でイベント出店!
(その様子をレポートできるようにしたい…)

単調な中にもちょいちょい何かしらあって、ありがたし。

でも、今日悲しいことがひとつ。
30年近く植わっていたりんごの木の1本が病気になり切ることになった。

葉が他の木よりも小さく、少なく、おかしいな?これは病気だな。と調べると、もう全体に菌がまわっていて、治しようが無い状態で、このまま実を付けても秋になるのは美味しくないりんごになるそうで。…言ってしまえば、お世話しても商品にならないのは手間食うだけという現実的な理由で切ることになった。きっとそこにいた皆、30年毎年沢山りんごを実らせてくれたこの木を切るのは心苦しいことだったと思う。何で突然病気になっちゃったかなぁ…?と爺さまは言っておった。

だから木の幹に手を当てて、「ごめんね」と声を掛けてから切らせてもらいました。
a0170307_22471252.jpg



農業って難しいよう。。

だから尚更、農業ばかにするお偉いさんが許せないっ!!!フンッ。

明日早起きがんばろう。
[PR]
by erichamereon | 2013-05-25 22:21 | 畑しごと

ポチポチ摘果。

先月末から入れ替わり立ち替わり来てくださっていたワーキングさん(農作業ボランティアさん)も今日で一旦おしまい。荒摘果は手数なので、お手伝いに来ていただきヒジョーに有難いです。

ありがとうございました!

また5月後半には関西の中学生が修学旅行の農家民泊しに来るけど、それまではしばし家の者だけで地道に進んでいきます。

今年は、花が咲いた後に遅霜が何回か来てとても心配な状況になってます。

3月末からいきなり暖かくなって桜も早く咲いたけど、そういう年は寒の戻りも厳しいらしく、ガツンと遅霜が来るのです。なかには中心果(りんごの花は1つの花の束?から6本の花が咲く、その真ん中の花が中心果)を残して摘花した木もあったので、そういう木はほとんどの花が遅霜にあたって枯れてしまったりして、秋にどのくらい実を付けてくれるのか…今から秋が怖くてなりません。。


なので、どことなくドヨーンとした気持ちで摘果が進んで行きます…。

でも、農家たるもの自然と共に生きていくんだから、文句言っても仕方ないな。残されたもので努力するしかない。

ここらへん南信は、この遅霜にだいぶコテンパンにされて、梨や柿も大変な事になってるみたいなので、今年のこのあたりの果物は貴重な子たちになるかしらん。

でも、そんな風に年によって全然状況が違って、自然に振り回されっぱなしだけど、逆らわずに沿って生きていきたいものです。

a0170307_1331889.jpg

我が家のシュレーダー(スヌーピー参照)
a0170307_1331915.jpg

[PR]
by erichamereon | 2013-05-15 13:00 | 畑しごと

人間って大変だけどそれでも生きるのだ。

はるうらら、なのにそれとは裏腹に神様は試練を与えるのはなぜー?!?!

な感じの日々。下手するとドドーンと下がりそうなので、気をつけなきゃ。

でも、試練を乗り越えなければ成長無し!と思って日常の生活を過ごしております。

桜もほとんど散って、夏乙女という早生の品種の花がそろそろ咲きそうで、これからどんどこりんごの花が咲いてくるシーズン到来。
今年は早く咲きそうだそうです。

さてはて、私と息子は、花が咲くまでにやらねばならぬことがあるのだ。

余ったりんごをみんなジュースにして樽に入れてリンゴ酢にし、それを農薬の代わりに使ってみようという試み。どうかな、うまく使えるといいんだけど。でもこのまま穴に埋めて捨てるのはモッタイナイから、やってみるだけやってみよう。
a0170307_11503716.jpg

でも、なかなか沢山は絞れないので、手間がかかります。んまぁ仕方ない。手間を惜しんでは良いものは作れない、はず。
息子は外遊びのついでにお手伝い、というかイタズラ。。
a0170307_11503817.jpg

でも一緒にこうしていられるのもほんの少しの期間だけ。楽しまなくっちゃなぁって思う。なかなか両立で苦しむけど。

良い思い出にしたいものです。
[PR]
by erichamereon | 2013-04-11 11:36 | 畑しごと