カテゴリ:考えごと( 58 )

こ、これは・・・・。

先週の土曜日、日曜日は沢山のオーナーさんが来ました。2日間とも良いお天気だったので、
収穫もしやすかったかなぁと思いました。まだ会ったことのないオーナーさんにも会えて、
いろいろとお喋りしたりして楽しかったのですが、やはり普段無い混みようなので、
やっぱり2日間が終わった時はグッタリ。。忙しい中お手伝いしてくださったワーキングの
方も帰られて、その開放感から次の日は遅起きにさせてもらいました。

で、そんな週末、とあるオーナーさんからびっくりなプレゼントが!!
a0170307_955279.jpg

私と夫の結婚祝いに、と、りんごにシールを貼ってくれて、文字入りりんごを作って
くださっていたのです。夫は畑仕事の時に気づいてたらしいけど、私はまったく知らず、
そんな、私たちの為にわざわざ作ってくださってたとは。ありがとうございます。

食べるのがもったいないので、玄関に飾っておきました。

そしてある日、お掃除機をかけて、玄関の棚を拭いていたら、棚の上に誰かの上着が乗せてあった
ので、お掃除のお邪魔だからどかそうと、サーっと上着を持ったら・・・・・・ゴツン!!
ウワワッ、と嫌な予感。お祝いりんごが落ちたー!(というか、私、落としたー!)
しかも運悪く、どこかの角っこに当たったらしく、なんとも悲しいお姿に。。。
a0170307_955588.jpg

丁度ふたりの名前の所に亀裂が・・・!笑。
お先真っ暗なふたりのこの先を暗示しているのか。
しかし、見事なポイントに当たったなぁと私少し感心。

ウワァーと言いながら夫に見せると、がっかりした様子で、「こういう運命なんだ・・」と
悲しそうに。ゴメンよ、夫!と、いうか、プレゼントしてくださったオーナーさん、
ごめんなさい!!!
ここは、いっちょ食べさせて頂きます。


<おまけ>

贈答りんごには、小さなアルプス乙女というりんごを一緒に入れているのですが、
へんてこなアルプス乙女を発見。
a0170307_9562991.jpg

こんな姿はどうしちゃったら出来るのよ?
自然界の摩訶不思議。
[PR]
by erichamereon | 2010-11-26 09:58 | 考えごと

やかまし村のお嫁さんは。

休暇を終えてからは、元の日常へ戻って。

常に何メートルも先を見ながら小走りでいく。
そしてあっという間に1日が終わり、夜見る夢もあわただしい。

でも、それが日常生活っていうものなのでしょうか。
どこかへ働きに行ってる人も、ウィークディはそんな感じなんだろうか。

りんごの仕事も、いろいろとやることが増えてきた。今日は草刈りとオーナーさんの
りんごの木を1本1本記録。

毎日1つはりんごを食べられる。健康を通り越して、糖分の取りすぎにならまいか心配。


やること沢山だから、のんびりちんたらしてらんないけど、ぜったい暮らすことを
おそまつに考えるのはやめようと、ますます思う。
忙しいを言い訳に、人間はどこまでもラクしようとしたり、めんどくさがったり、ズルしたり。
そういうことはしたくないなぁ。全部なんて頑張れないけど、こだわりが一つも無くなるのは
気が抜けすぎて生きてるようで死んでいる。

なので、またパンを焼いた。パンを焼くことで、かろうじて自分らしさを保ってる。

何もしなくなったら、私はおわりだな。ただのちゃらい人間に落ちる。

だけど、無責任な作り方したのに、何故だか今回が一番良い出来だった。

なんとなく、全体をうまくまとめようと、綺麗に丸めようと無意識に頑張るけど、
そんなのは阿呆くさい。自分のそのままでやればいいのかも、と気づく。




写真は、なし。
[PR]
by erichamereon | 2010-10-01 23:11 | 考えごと

Low Power

またこんな流れがやってきた。自分のバイオリズムを知るために書いてみようと思う。

最近は早起きもできず、なんだかキリっとスイッチがONにならない感じ。
いつまでもだらだら眠りの森を彷徨っていたいし、ずーっと本だけ読んで過ごしたい。
前は日中の暑い中の農作業もこなせたのになぁ。

まぁ、こんな時もあるさと流れにまかせようか。

今日は土曜日でりんご狩りのお客さまやオーナーさんがいらっしゃるかもしれない
ので家でお留守番、兼お掃除ババァ。あちこち掃除しまくって、来客用のタオルケット類
も洗いまくる。もう夜は寒いからタオルケットの出番はおしまい。
すっきりした所で少し色々のやる気が出てくる。

来園したオーナーさんとお喋りしてりんごのお客さまを見送って、ひさびさに
自分だけのイマドキお昼御飯を作る。トマトとなすとアンチョビのパスタ。
知り合いの方から大量に夏野菜を頂いたので。自画自賛だがカフェ飯っぽく出来て満足。
夫はそうめん(好物)おばあちゃんは御飯とおかず(朝の残りで良いと申告あり)。
父母は孫の運動会で不在。

外はまだ暑いので少しお昼寝。1時間くらい寝たり起きたり。
もう少しムニャムニャしてたいところをエイッと起きて、こまごま買い物へ。

その後涼しくなってきた頃を見計らって畑で枝の誘引作業。
新しい畑は農薬をまく回数と量が少ないせいか、ニョロニョロが沢山いる。
主に尺取り虫だけど、都会で見てた小さい、小さい彼らとは違い、ここのは大きい。
ギョッとする程まるまる太っていて、柔らかそうな葉っぱを食べ尽くしてる。彼らも生きることに必至だけど、私も生きることに必至なので、申し訳ないが捕殺するしかない。。。

私はここにきて、いったい何匹の虫たちを殺してきたのだろう。

つい今まで目の前で動いていた命を(それがどんなに小さくても)私が止めてしまうことに
罪悪感を感じずにはいられない。やっぱりそれは人間のエゴだからと思ってしまう。

そんな虫たちの魂が、私のまわりにまだ漂っている気がする。
その罪を背負っているから、今だかつて経験したことのない困難が起きたりするのかな、と
ふと思う。

こういうことを考えるのも、今のバイオリズムと関係するのだろうか。
心がセンシティブになっているのか。

・・・・と、農家の嫁もこういうことを考えたりして生きてる時もあるのです。

あー、今なら1ヶ月くらい眠れそう。
[PR]
by erichamereon | 2010-09-11 21:21 | 考えごと

おとしごろ。

今日の夕方から明日のお昼まで、農業体験に中学生が来ています。
女の子4人だけど、やっぱり難しい年頃なのか、なんだか対応が難しい・・・。
反応がなーい。
自分がティーンエイジャーだった頃を思い出すと、なんとなく分からなくもないこの心情。
それが分かっちゃうってことは、今もそんなのが抜けきってないってことかしら。
ぜーんぜん楽しくない、みたいな反応に家族はやや戸惑い気味ですが、
まぁ、何をしてもなかなか難しいと思うので、仕方ないよねぇ、と思うことにしております。

年頃の子供を持つ親というのは大変だなぁと思った。

ランタンをつけて焼き肉をやりましたが、ぜんぜん盛り上がらず
フツーにただただ焼いて食べるの繰り返し。

こんなんなのか?農業体験というものは!

そんな1日でした。

             ↓しらけてる焼き肉風景。
a0170307_21475716.jpg

[PR]
by erichamereon | 2010-05-14 21:50 | 考えごと

暮らすことを楽しむべく。

日々、農作業に追われたり、家事に追われていると、なんとなく
ただただ仕事をこなす毎日になりやすい。あっという間に1日が過ぎ、
1週間が過ぎ・・・。しかし、松浦弥太郎の本を読んで、ハッとさせられた。
このひとは、暮らしの手帖の編集長でもあり、中目黒の古本屋さんでもあり、
文筆家でもあり、いろいろなひとなのですが、男の人でもこういう人が
いるのかぁ、と(こりゃ偏見だが)思うくらいすてきなひとなのだ。
日々の中にはとても小さくて地味だけど、大事なことが一杯あるのだということを
気づかされるのです。無意識に雑に生きてると見過ごしてしまうことも、
ちょっと視点を変えるとすごくなんでもない日々ピカピカしてくるのだ。

この本を私は精神的にグデーとしてるときに読んだので、ものすごく
シュルシュルと吸収し、これはふとしたときに、雑になってる時に
読んで初心にかえろうと思って手元に置いています。
ものすごくこのひと素直で、ギョッとするので、たぶん苦手な人も多いのだと思う。
ムズムズします。しかし、わたしは好きだ。自分の夫がこんな人だったら・・・・。(遠い目)
a0170307_2229402.jpg


そんなことと関係しているか、してないか、りんごのオーナーさんで今日まで4日間
お手伝いに来て下さってた方から、黒いちじくを頂いたので、パウンドケーキ(こればっかり)
を焼きました。いちじく使うのがケチすぎて、これじゃぁせっかく頂いたのに分かんない!
という感じだったので、また次回は贅沢に使って作ろう。しかし、黒いちじく、私は乾燥状態
でしか食べたこと無かったが、これはおいしー!そのままパクパク食べてしまった。
感謝感謝です。
こういうことをするのも、あたりまえの何でもない日々を彩る素敵な出来事なのだ。うむうむ。
a0170307_22302213.jpg

[PR]
by erichamereon | 2010-05-08 22:31 | 考えごと

井戸掘り。

「結婚とは、井戸掘りである」


これは「村上春樹、河合隼雄に会いにいく」という本の中で河合隼雄さんが
(最近亡くなってしまった心理学者)言っているフレーズである。

結婚する前から、「結婚というのはそうとう大変なことに違いない。
胸キュン夢見る乙女でいたら痛い目にあうだろう。」と覚悟はしていたが、
今回ようやく、「結婚と井戸掘り」ということがどういうことを指しているのか
少し理解できた。

ようは、とーっても面倒くさい地道な作業である、ということ。

いつ水が湧き出るか分からない井戸掘りは、忍耐力をもってひたすらに先を信じて
いかなければやってけない。結婚も、お互いわかり合うなんて、えらい大変な難しい作業
なのに、いつかほんとうに心がひとつになれるように、ひたすらに、湧き出る水を求めて
掘り進めていくのだ。

そして、その井戸掘りをやめるというのが、離婚らしくて、何度も離婚してしまう人は、
その井戸掘りをしない人だとも言っている。んー、厳しいお言葉。

しかし、その通りだと思う。ケンカして、お互い腹の底にある見せない部分を
さらけ出して核心にせまるというのは、とてもしんどいことだが、井戸を掘った気がする。
水に近づいた気がする。

でももう争いたくないや。ちがう井戸掘りの方法は無いものか。。。


重たい話は今日でやめにして、、今日からりんごで酵母を作って、自家製天然酵母の
パンを作ろうと思った。ちょうど、床暖房もあって温度の管理が適当にできそうだし。
実験してみよう。
無事にパンまでたどり着くように・・・・。
a0170307_221333.jpg

[PR]
by erichamereon | 2010-02-17 22:16 | 考えごと

僕らの4日間戦争。

3泊4日のワーキング受け入れは無事終了し、終わりの見えない
食器洗いから解放され、新しく改植する畑の作業も目標のところまでいき、
本当にお手伝いしてくれた方々に感謝であった。

がしかし、自分自身は今「はじめての夫婦げんか」(本気系)を体験中。
いつまで続くんだ?この冷戦。他人と他人が暮らす、結婚というシステム
は、そうとう大変だと覚悟はしていたけど、実際この身に降りかかると、
あぁ、ケンカめんどくさー。
少し離れて「お互い落ち着いて次の日和解」ということがまずありえない、
自営業で一緒に働かなくてはならない、というこの環境。

まぁ、これも人生の試練なんだろう。

がんばります。いや、がんばりません。いつも通りで行かさせて頂きます。
成るように成る、と唱えながら・・・・。どうなるかは神のみぞ知る。
[PR]
by erichamereon | 2010-02-14 22:07 | 考えごと

テストしてみる。

果たしてちゃんと続けられるのだろうか。

三日坊主にならないように。

がんばらないがんばり。

はじまりはじまり。
[PR]
by erichamereon | 2010-01-31 20:53 | 考えごと