<   2010年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

じゃがじゃが。

いもほりをした。

4割弱をヨトウムシに茎折られ、本日3株分を収穫。
計10個。

少ない!!
1株の平均が3個って・・・。
しかも実が成長途中で割れたらしく、美しくない風貌。
虫食いで穴が開いてるのもあるし。
家庭菜園1年生、まだまだ課題は山盛りです。
ともかく、もっと土作りからきちんとやろうと決めた。
長らく放置されていた土地で野菜を作るのは難しい。

野菜作りベテランのおばあちゃんになる日は来るのだろうか・・・。

梅干しもなんだか梅酢の赤さがまばらだし。

最近、「作る神」に見放されてる。
a0170307_21563534.jpg

[PR]
by erichamereon | 2010-07-27 21:57 | おうちしごと

ミラクルKOUBO ~エピソード2~

あんまりにも毎日摘果なもんで、自分がブログを書いてるの忘れていました。

そして、あぁ、KOUBO(梅酵母)・・・・・失敗!
一次発酵でほぼふくらまない、固い、過発酵で酸っぱい。
なんなのよッ!とイライラしてくるくらい何度やっても成功しない。
独身時代はあんなに焼けたのに、何が違うってーのよ!

・・・成功しない理由は温度なのか、酵母菌なのか、はたまた私の気持ちなのか、
分からない。

ちょっと違うやり方でいってみようと思った。駄目な時はスパっと諦める。
未練タラタラやらない。

見た目は成功風なんだけどなぁ・・・。
a0170307_2315861.jpg



なんかうまくいかない時は、な~んもうまくいかないもんなんだな。
そのバイオリズムに順応しなくちゃな。

ともかく、あと1/3弱の仕上げ摘果をがんばろう。

きっとその後には楽しいことが待っている。
[PR]
by erichamereon | 2010-07-25 23:19 | おうちしごと

ミラクルKOUBO! ~エピソード1~

梅雨が明けて、夏の日々がやってきて、なのにまだ全然仕上げ摘果が終わりません。
満開60日以内で摘果終了が理想だそうですが、とんでもない。
名古屋から助っ人が来てくださったので、本格的にみんなで取り組んでいます。

そんな中(?)私はある秘密プロジェクトを・・・・・。

随分前に、リンゴで酵母を起こしてパンを作りましたが、あれからリンゴはもう手に
入らないので、ヨーグルトで酵母を起こそうと(ヨーグルトは比較的簡単に酵母が
起きるそうな)日々奮闘していましたが、なぜだかきちんと熱湯消毒しているのに
もかかわらず、カビが毎回生えてしまって失敗しまくっていました。
なので、リンゴ酵母パンからは手作りのパンを口にしていませんでした。

いったいぜんたい何が問題なんだい!?
自問自答の日々。。
そんな中、途方に暮れてる私にふとものすごいアイデアが湧きました。

6月に、親戚の方から頂いた梅。それを梅ジュースにするべく氷砂糖を入れて
エキスを出していたのだが、これまたなぜだかこのエキスがプクプクいって
きて(本来、梅ジュースってこんなに泡プクプクにならないよな~、と
思いながら見ていた)はて?もしやこれは酵母ってやつではないか?!
と気づいたのです。(しかしなぜだか濁っている・・・梅ジュースとしてはボツか?)
a0170307_2315423.jpg



そうして試しに強力粉を入れて元種作りに取りかかると・・・・・
オオオー!めっちゃ発酵パワー強し! (↓緑色の輪ゴムが始めの元種の位置)
a0170307_23155876.jpg

元気良すぎて2倍以上にふくらましてしまった。
しかしまちがいなく梅酵母だった!が、梅の重さの半分弱の氷砂糖を入れてることが
大変気になります。ま、そんなこと構わずに、とりあえずこれでパンを作ってみよう。
う~ん、楽しみだ。ものすごく甘ったるいパンになってしまうのかしらん。

ともかく、教科書には載ってない、博士の大発見でありました。

無事、パンが焼けるかどうかは次回へ続く。。。
[PR]
by erichamereon | 2010-07-18 23:21 | おうちしごと

視察団。

ザ・梅雨!な日々です。飯田も今日は地滑りが起きた場所あった
みたいだし、日本各地で被害が出てるから、早くおさまると良いが・・。
まるで台風襲来のようだ。

しかし、我が農園はいつものりんご仕事+新しい畑の改植があるおかげで、
仕事が遅れに遅れてます。なので、この雨の中も仕事をするしかないわけで、
今日は畑仕事をしました。午後に、新わい化の(→新しいりんごの栽培方法)
指導員の方みえて、おじさま軍団であーだこーだ言いながら視察しておりました。
新わい化は日本ではまだまだ始まったばかりなので、指導員の人も時々言うことが
コロコロっと変わったりもする。イタリアの南チロル地方や、韓国では既にこの
栽培方法はやっていて、南チロルには飯田市から松本市くらいまでの距離に一面
新わい化のりんご畑という風景があるらしい。イタリアってそんなに大きな国じゃ
なかったですよね?すごい、ヨーロッパの合理的なこれには驚きです。
そして、是非とも見てみたい、その風景。

広庭の父も、夫もいかんせん初めてなもんで、色々聞いて慣れないこともやって
大変そうだけど、無事に来年・再来年にはおいしいりんごを付ける木たちに育って
欲しいものです。おらたちの生活がかかっているのよ〜。
a0170307_23342639.jpg

[PR]
by erichamereon | 2010-07-14 23:35 | 畑しごと

引き続き、遠足2日目。

<2日目>

この日は友人と夫の3人で、中央道の双葉サービスエリアでラベンダーの穂狩り体験
(という名の農作業ボランティア。ラベンダーは花真っ盛りのシーズンになると、
切り戻しという作業をするらしいので、それをやるためのイベント)に行って来ました。
農作業的な事とかそういう事はまったく問題なくて、ラベンダーが好きな私は
そんなんでラベンダーが沢山もらえると聞いて、ずっとこの日を狙っていたのだ。

飯田では雨が降っていたので、こりゃ雨の中は大変だなぁ、まいったなぁと思って
いたが、甲府の方は曇りでしたので楽しく作業できました。
一人一握りまで、ということなので、夫にも協力していただき、結構な量のラベンダー
をゲット。これは一人仕事だから、無言で、ひたすらに刈り取る夫の様子が面白かった。
始めはブツブツ言ってたけど結構本気になってやってたし。イヒヒ。
a0170307_21321939.jpg

そして、楽しいラベンダー狩りを終えた御一行さんは、友人を甲府駅まで送りに行く
べく、スマートインターチェンジを使って甲府に上陸。(これは便利だ)
1年くらい前の暮らしの手帖に(私の愛読書)甲府の「徒歩旅行」という記事があったので、
それを持参していた私は、行きたいごはん屋さんを決めていたが、行きたいところ全て
開いてないor高い(我々は貧乏である)の連続で、かなりグルグル回っていた。
まいったなぁとみんなテンションが下がり始めたその時!候補のお店1件だけ発見。
しかしびっくりなことに、ネオン街のど真ん中であった。甲府ってそういう街なのか?!
と新発見で、客引きのお兄さん(おじさん。みんな太め)だらけだし。
でも普段堂々とこういうところって歩けないから、興味津々でジロジロ見てしまった。
世の中まだまだ知らないことだらけだ。
無事着いたごはん屋さんは、明治時代からやっている老舗のおいなり屋さんで、おいなりも
巻物もうどんも小鉢の高菜の漬け物も、すごく手作りの真面目な味がして、本当に美味しかった。

お店のおかみさんはとても気さくな人で、私が本気で高菜のおいしさを伝えていたら、
(メインも美味しいと伝えた)倍の量のおかわりをくれた。素敵。
家族でやってるようで、こういうお店はきっと地元の人に愛されているから、
これからもずっと続いてほしいなぁと思った。「清水屋」というお店です。

行き当たりばったりの遠足2日間だったが、そういう冒険みたいなのってやはり楽しいな。

また普通の日々をがんばってやるぞ。
[PR]
by erichamereon | 2010-07-06 21:59 | おでかけ

休むときは休むべし ~遠足1日目~

を、モットーに生きている私なので、東京の友達が泊まりに来ていた先週末は、
2日間仕事をお休みし、バリバリと遊びました。

<1日目>
大鹿村へ行く。有名らしい、青いケシを見に行く。するぎ農園(ご夫婦で畑と
レストランをやっている)のランチを食べに行く。

去年の夏、まだ嫁になる前に実家の家族と大鹿村へ行きましたが、するぎ農園はお休み
だったし、行きたい所もよく分からず(?)な状態で、旅の神様が降りてこなかったので、
いまいちな感じで終了したのだが、今回はかなり大鹿を堪能した!
するぎ農園でお昼を食べること以外は行き当たりばったりで、なんとなくテキトーに
車を走らせていたら、中央構造線が見れる場所があるらしく、上陸。
そこにはただただ、地質が見れる場所しかないはずなのに、駐車場(っぽい広場)
を降りて行くと、。なんだか、木と下の草がとてもきれいに整備されていて、めちゃ
メルヘンな雰囲気が漂っていた。なんだか、丸太小屋があって赤ずきんちゃんとか出てきそう
な雰囲気の森。
正直言って、中央構造線なんて興味なかったけど、いざ見てみると結構興奮する!
地球、すごいー!ってなった。ピシっと色が違うのが面白かった。不思議だな~。
a0170307_23462449.jpg

その後、青いケシを見に行く。
う~ん、、、微妙だ!綺麗なんだろうけど、青いのって何だか怖い。ケシの花の形も
何だか怖い。生々しいというか可憐ではないから、不思議な花だった。宇宙に咲いてる
花っぽい。しかし青いシャツの夫は馴染んでた。
a0170307_23502367.jpg

お昼を食べに行った、するぎ農園は日本の古民家みたいな感じで、大鹿の野菜を
たくさん使った割とヘルシーな感じのランチだった。手打ちのおそばもあった。
ここで大鹿の塩を食す。一粒が濃い!旨い!なにやらこれは、鹿塩温泉というしょっぱい
温泉を煮詰めたらしい。こんな山奥に塩味のお湯が(お水?)湧き出るなんて、ミラクルだ!
そして、噂通りに、ソイクリームが美味しかった。豆乳や、大豆の粒がちょこちょこ
入っていて、大豆大豆してなくて、レアチーズケーキみたいだった。おいしー。
(パクパク無心で食べてしまった為、写真はなし)

休暇というものは、あっという間に過ぎていくものです。塩の里で大鹿の塩を買って、
明石荘で日帰り温泉に入り(ここは塩の湯ではない・・・)家路につきました。
1日目終わり。
[PR]
by erichamereon | 2010-07-05 23:56 | おでかけ