<   2011年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ひさびさに、チクチク。

あーちゃんが産まれてからというもの、まともに自分の時間を確保するのが
難しかったけれど、最近はおっぱいを飲んだ後はご機嫌な時間が増えて、
ひとりでお昼寝するようになってきました。
なので、かねてから製作したかったスリング作りに挑戦!

スリングの存在は以前から知っていましたが、使ってる人をあまり見たことなく、
正直使い勝手はどうなのよ?と思っていたので産前に製作しなかったのですが、
先月、赤ちゃん連れのオーナーさんがスリングを付けていらっしゃって、
「すごく良いよ」と聞いて付けた所などを見せていただいたので、こりゃやってみるかな!と。

今持っているだっこひもが持ち運びに不便で(コンパクトにならず)、車から降りて
サッと装着出来なかったよいうのも理由の一つ。


2ヶ月の子を連れてゆっくり布選びをするのはムズカシイので、お便利なネットで
布を買い、いざチクチク(いや、ガタガタガタ・・ミシンで)

かーんせーい!そして装着!
a0170307_14343642.jpg


さぁ、お散歩に行ってみよう。田んぼの緑が綺麗です。
a0170307_14305315.jpg


付けた感じは手でだっこしてる感じにかなり近い密着感。
股関節脱臼予防にきちんと足を開いて、自由に動かせるようにするのが大切らしいです。

で、ついでにちょっとおつかい、近所のファミリーマートへ。
そうです、ここ飯田市龍江にもファミマはあるのですよ!

ここのファミマは、店員さんが80歳くらいで、小さな店内に食料品から日用雑貨、
洋服までなんでもあります。(しかし種類が少ないので選択の余地はほぼ無いです)
でも野菜売り場にはなぜか洗剤と箱ティッシュがディスプレイされています。
お菓子のラインナップはおじいちゃん・おばあちゃん向けです。

ハッピーターンとパンを買いました。

たぶん、あーちゃんが小学校行く頃には閉めちゃってるかなぁ。
こういうお店、なくなって行くのは寂しいです。
でも車で少し行けばもっと安いお店があるから、そうなってしまうよなぁ。。

また利用してみよーっと。

・・・・・が、おじいちゃん、パンの消費期限切れてたよ!(気づかず買った私も私だが)
あちゃぱー。
a0170307_14311325.jpg

[PR]
by erichamereon | 2011-07-28 14:36 | おうちしごと

もすこし考える、今日この頃。

今日は風が涼しいです。軽井沢のようです。

あーちゃんもフランス語の発音的音声をときどき出しながら、
この世界を全身で感じ取っているような感じです。
夫はそんな息子とあーちゃん語で会話したりしてます。ふふふ面白い!

そんな中、少し思うことあったので「ちょっと人間のみなさん、それっておかしくない?」の
コーナー。かなり極端なことを書いてると思うので、どなたかを怒らせるかもしれませんが、
あたしゃ書きます。私はけっこうズバズバ言いますので、覚悟して読んでいただければ、
腹が立っても真に受けず、流していただければ幸いです。


昨日、地デジ化しましたね。・・・というかテレビ無しなので「したそうですね」だな。
地デジ化する前から、ラジオでは頻繁に「地デジ化しましたか?」と言い、ラジオショッピング
では地デジ対応テレビの紹介ばっかり。映らなくなるよ!映らなくなるよ!とまるで、
テレビがこの世の超必需品的な物言いです。テレビがないと生きてけないよー!みたいな。


もう、・・・・・・地デジ地デジって、やかましいーーーっっ!!!!

あまりにしつこいので、アホか!と怒ってしまいます。
エコエコ、節電言うなら、テレビ無し生活すればいいじゃんか・・・。
テレビなんて無くても、全く問題なく幸せに日々を暮らせますよ。
むしろダラダラと付けっぱなしのテレビを見て、あらやだもうこんな時間!なんてこともなく、
ゆっくり時間を大切に過ごせる気がします。

ラジオなのに、なーんでそんなに地デジ地デジ言うのよ?むしろ、ラジオリスナー増えた方が
いいじゃない?って思っていたのですが、夫に聞いてみたところ、「ラジオも、テレビ局がやって
るからだよ」とのこと。・・・うわっ!そういうことか。ラジオもテレビの手下だったんだ。
気づかなかった私もお馬鹿ですが、ショックでした。
この世の中、利益利益になりすぎてると思うのですが。自分たちが暮らせるだけのお金を稼ぐ、
というのはダメですか?そういう風に、もっと!もっと!っていう世の中になったから、
こんな世界になったのではないかしら。もう少し、慎ましく、謙虚に生きるのもありだと思う
のだが・・・。

そこから繋がって思うのは、原発のこと。
事故が起きる前から、六ヶ所村の再処理工場の事とか、祝島の原発工事のこととか、気になって
いたけど、こうして、もう元には戻れない事故が起きたんだから、これから先は同じ事を
二度と起こさないようにするしかないな、と思っていて、世論もかなりの人が
「原発、ない方が良いかな」ってなってきているのに、なぜ、九州の原発は1日も早く稼働
させようと、醜い手を使ってでも進めるの?と。大臣は、どうしてそんなに推進するのよ?
と思っていましたら、どうやら、政治&電力会社&マスコミって、お金でがっちり結ばれてる
そうで、あぁ、ここにもお金や色々な利益に目がくらんだ人間たちのドロドロがあったんだー、
と、本当にガッカリ、悲しい世の中です。そんなことばっかりに目がくらんでると、ほんとうに
みんな終わっちゃうよ?と思うのですが。

電気も、そんなに余るほど作らなくていいじゃないか。足りない位が丁度良い、というと
反発を買うけど、「国民のみなさーん、きょうはこれだけ発電したのでこ、その中でやりくり
してくださーい」でもいいと思う。そうしたら、今の電気使う沢山の便利グッズ、厳選して本当に
必要な物だけ使って、それなりに上手く生活していけると思う。そういう風に仕事も出来ると思う。
電気もお金も、あったらあっただけ使っちゃう。
お金、そういう風に使うと、破産する。借金まみれになる。人間ダメになる。
電気も同じなのではないでしょうか?



親になった今、本当に子供に恥じない生き方をしたい、と強く思うのに、そこんところまったく
分かっていない、利益に溺れた偉そうな大人の皮をかぶった子供(そう言うと子供に失礼ね・・・)がこんなに沢山いるなんて。子供達が大きくなって、そのまた子供達が・・・・とこの先の人たち
に悪いこと、したくないです。
不安ばっかり残してバトンタッチするのは無責任ですもの。
どうか、この先の未来、子供達が幸せに生きられる社会を残したいものです。


と、今回もまじめに考えてること書かせていただきました。

ペコリ。
[PR]
by erichamereon | 2011-07-25 16:39 | 考えごと

思うようにはいかぬもの。

台風の影響でたっぷり降っていた雨もやみ、今は清々しい空気になりました、飯田。
でもだんだん蒸し暑くなってきた。

大雨が降った後の、町も森も空も洗いざらしの気持ちい感じが好き。涼しいし。
ぼんやりそんな事を思いながら(気分は独身時代!)さ~て、あーちゃんもお昼寝
してるし、今のうちに夜ご飯の支度をしますか、と準備し始めたら・・・・・・・

ビクッ!・・・ビクッ!
・・・ジタバタ!ジタバタ・・・・!

うぇ~ん!ぶうぇ~ん!

あー、、起きたー・・・。

こう、いつも何かし始めようとするときに、あなたは起きるのね。
こんな時は寝かせようと思わず、抱きながら出来る違うことをするのが一番なので、
書いております。(今、あぐらの中で寝入り中!)


2ヶ月経って思うことは、泣いて、おっぱい飲んで、ねんねして、赤ちゃんてこんなに単純な
暮らしのサイクルで、ただ生きてるのに一杯一杯だけど、それってすごい純粋だなぁ、と思った。
自我が芽生え、自分の存在意義を問い出す頃、「なんで生きてるんだろう?」って思って、
時には自分がこの世には必要ないと思って暗い世界の方を向いたりするけど、赤ちゃんの
生き方が一番正しいと思った。生きてるから生きるんだよ!みたいな。
何の為に生きるのか、という質問がとてもばかげてるように思えてきた。


少し話は変わりますが。

うちにはテレビがなく、(義父母&おばあちゃんは持っている)情報はもっぱらラジオ
時々新聞で、昨日ラジオから、東日本大震災で被災した方のリアルな声を届ける
番組があって、今までメディアから聞いた見たこととはまた違う、生々しい話を聞きました。

その人は、漁師さんで、地震が起きた直後、兄に言われ自分達の舟を守る為に、舟を沖まで
持って行くために海へ出たそうで、途中、津波の第一波に乗り、巻き込まれそうになりながらも
何とか持ちこたえたが、舟が海に刺さり(!)舵が利かなくなって舟がダメになったので、
目の前に港の方まで行く細い潮の流れがあったので、海へ飛び込んで流れに乗ったそうです。
(このエピソードを暗くもの悲しい言い方ではなく、ユーモラスに話していた)
そうしたら、沖にある、島(有人)へ付き、何日間か位そこで過ごし、途中、重油が漏れて
火の海になった時、燃え移った山火事を島の人と消火活動したりして、物資を運んできた
自衛隊のヘリに乗せてもらい(「タクシーみたいにね!」と言って笑いをさそっていた)
自分の住む町へ向かったが、空の上からは全ての事実が目に入り、もうこの世の出来事では
ない様でした、と言っていました。

そのフレーズを話す頃にはユーモラスに、気丈に話していたこの方も感情が抑えられなくなって
涙声で頑張って話すようになって、その人が何とかこれから立ち直って、前向きに明るく生きる
ために自分を奮い立たせていた姿が目に浮かび、初めて、私はこの大震災が自分にとってリアル
に感じられたのでした。
それまで、色々募金や、支援活動の端っこに協力したり、としてきたけど、どこかやはり
他人事になっていて、実際、自分たちの暮らしはほとんど以前と変わらなく快適に暮らして
いるし、遠くの話だと思ってしまう自分がいたけど、その人が辛い記憶を呼び起こす作業
をしてくれたおかげで、やっと私は実感したのです。そして、本当に頑張って立ち直って
欲しいと思いました。

あーちゃんの様子を見て、思った事と、大震災のリアルな声を聞いて思った事、何だか繋がって
いない感じだけど、でもどこかで繋がってるような気がしたのです。

毎日を生きてるだけですごいのかも、と。

思ったことを書くと、まとまりのない原始的な文章になってしまうけど、こんなことを
思った台風の後に。

考える、って大事だな。

感覚的、も大事だけど。

両方を持ち合わせて年をとりたい。

母になっても、忙しさに惑わされず、忘れないようにしよう。


さて、今夜は夫は草刈り隊のBBQでいないから、感覚的なお料理でも作ろかな。
[PR]
by erichamereon | 2011-07-20 18:15 | 考えごと

そぉーっと、、、

今日も飯田はあづいです。

35℃近くいったのかな。

息子はおっぱい飲んでいたらグーグーと眠りの森へ。
そーっとお布団などに移すと、ぱっ!と目が覚める、というのがお決まりのパターン
ですが、今日はそのままぐっすり。
私はその間にやりたいことを済ませられる!ラッキーです。

生後すぐは助産師さんの指導で「3時間おきにきちっと時間を決めて授乳」だったの
ですが、それでは赤ちゃんは泣いて欲しがるのにあげられず、こういうやり方って
不自然な気がしてしまったので、半月くらい経った頃から「欲しがるたびにおっぱい」
に変えたのです。しか~し、そうなると、息子はお腹がすいてる時は勿論、眠たいとき、
口寂しい時、常におっぱいなので、1日のかなりの時間をおっぱいに費やしている・・・。
眠ってくれたときは良いが、眠りが浅いと吸わせたままご飯食べたりして大変です。
だけど、それが一番自然でおサルの親子っぽいなぁ~なんて思って動物の親子のつもりで
やっております。

まぁ、いつかはこんな大変な時が恋しくなるくらい離れていくんだし、これも楽しむ!ですな。

              お布団に着地成功!↓
a0170307_14453667.jpg

それと、「息子」という呼び方、なんだか慣れないので、これからは、私がいつも呼んでる
「あーちゃん」にしまーす。
男の子を「ちゃん」付けで呼ぶの、賛否両論ですが、小さいうちはええじゃないかっ!という
ことで。
[PR]
by erichamereon | 2011-07-14 16:05 | 子そだて

mum!mum!mum!

もうすぐ生後2ヶ月になる息子は、だんだんとこの世界のことが
わかってきたらしい。
誰が自分のママで誰がパパなのか。以前はだれにだっこされても
同じ様な反応だったのに、ここ最近はちょっと違う。

家事をするときにひょいと抱いて移動すると、小さな手で腕で私に
しがみつく。離れまいと、あるだけの力で。結構強い力。

今まで生きてきた中で、これほど人から必要とされたことがあったかしら。
こんなに100%頼られるのってすごく幸せなことだと思う。
外見が、仕草が、表情がかわいい、とかいう軽いものではない、
心の底からグワーと湧くかわいいという気持ちは他にはないな。

自分のことも、やりたいことも、日常的な家事も満足にはできないけど、
ママって最高な仕事かも。

でも、コアラの親子のようにくっつきながら家事しますよ。
a0170307_1634999.jpg

[PR]
by erichamereon | 2011-07-05 16:35 | 子そだて