<   2013年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

続・やまで生きていくこと

…つづき

雪の降る日に野ウサギさんは捕まったみたいで、翌日何も知らずに雪の降った畑の様子を見に行った時には既に生き絶えてしまっていました。驚いて何とか罠を外そうとしたんだろうなぁと思うと本当にかわいそうで申し訳なくて、人間をやっているのが本当に嫌になりました。(でもそんなこと考えているのは私くらいなものなのかな)

でも、りんごを守るために犠牲にしてしまった尊い命を無駄にしてはいけない、という気持ちは共有していたので、すぐに帰って、野ウサギさんを頂くことにしました。

夫は生まれて初めて動物をさばいたけれど、とても上手にきれいにさばいてあげてました。目の前には「肉」となった野ウサギがいるけれど、気持ち悪いとか怖いとかはまったく思いませんでした。が、「食べる」ということの本当の意味を突きつけられた気がしました。本当はこんなに苦しい思いをして頂く事なんだ。普段何気なく当たり前に食べている精肉が、この野ウサギと同じように生きていた命をさばいていること、これは現代社会ではほとんどの人がすっかり忘れてしまっていることで、感謝もなければ残飯として食べずに処分することさえあるなんて。
そんな罪深いことがあるか?

幸いに今、「いのちを頂く」ということを授業にして子供たちに教える動きが広まっているそうで、私は本当にそういうことは隠すことでは無いと思うし、当たり前に知るべき事として大切であると思っています。

つい先日も友人とこのような話をしていたところに、野ウサギさんを食べたので、実感として考えが自分の中に根っこを張れて良かったです。

そして、野ウサギさんは赤身の多いしまったお肉で、味にクセや臭みは無く、食感は牛肉にかなり似ていました(驚き!)後ろモモ肉はダッチオーブンで蒸し焼きに、前足と肩肉はトマト煮込みにしました。残っている部位はローストにしてみる予定です。
a0170307_083011.jpg

↑だいぶジビエっぽい風貌。
a0170307_083173.jpg

↑完全に牛肉風。見た目では分からない!

野ウサギさん、ごめんなさい。
でも、美味しくいただきました。
ごちそうさまでした。
いただいた命の分まで一生懸命に生きます。

全ての食べ物に感謝を。
[PR]
by erichamereon | 2013-01-30 23:29 | 考えごと

やまで生きていくこと

少しずつ、朝日が昇る時間が早くなってきて、お天気良い日の日中は気持ち良いポカポカ具合い。

溶けた雪の下には綺麗な緑色の若葉が敷き詰められていて、春はもうすぐ!っていう感じ。

毎年思って、毎年書いてるけど、この時期ってほんと「ウキウキ!ワックワク!」

で、そんな冬と春の間は…野生動物たちも徐々に活動し始める訳で…。
植えた苗木が軒並み野ウサギさんに食べられる!
木を枝をバリボリ食べる訳ではなくて、木の皮(若い木はきっとみずみずしくて柔らかいんだろう)を綺麗に届く所全部ぐるっと食べて、おまけに枝の先の新芽もポキっと食べる。
ポロポロっと転がっているう○ちくんが充実したご飯タイムを物語っている。

人間が、野生動物たちの住処である山を借りて畑をやっているので、そんなことに文句を言うのは人間のエゴだ!と思うけれど…。
りんごが全然成らなかったら困ってしまうし…なので畑の周りを網や電柵で囲っていますが、これも効果がいまひとつ。網は確実に食いちぎって入ってきてしまうのです。

何とかしてりんごの木を守りたいと思う人間は、最終手段として括り罠を仕掛けました。

去年はそれに子ダヌキが捕まってしまいました。しかし、タヌキは悪さしません。きっと母タヌキと歩いていたらちょこまか歩き回ってた子供が誤って罠の上を歩いてしまったんでしょう。
私は園主に懇願して罠を外してもらいました。あの後無事に母に会えていればいいのだけれど…。

そして今年は早々に野ウサギが捕まってしまいました…。

つづく…
[PR]
by erichamereon | 2013-01-30 23:07 | 考えごと

ま、またもや…

夫婦喧嘩…!

ではなく、雪が降っております…!
さ、さむい!日中もマイナスの気温…。部屋の中でさえ、ハーッと白い息。。ストーブつけてるのに…。

しかし今年はほんとによく降るのう。
昨日もパラパラと降ったけど、今日のはしっかりと積もってるよ。

3日くらい前には、小春日和の様にポカポカして、やっとこさ畑の雪が溶けて仕事しやすくなってたのに、また積もるなんて。街暮らしの時はめったに降らない雪が降ると「ヒヤッホーイ!」とルンルン気分になってたけど、さすがにこんなにしょっちゅうでは、あんまり喜べませんな。わがままな人間です。

なので、本日も専業主婦を。

チクチク針仕事。
息子が畑で失くした帽子が数日後畑で見つかり(2日ほど野ざらし…)、救出したところ、な!なんと、一部何者かに食いちぎられてるではないかッ!↓
a0170307_1736893.jpg

帽子のふちが半円形に…。
野良猫かしら?たぬきかしら?はたまた野うさぎ?
見つけた時は「あった〜!」だったのに、手にとったら「アッハー!」
さすが田舎!な出来事にとってもテンションが上がりました。普通は逆でしょうか。

で、それをいざ修理。
チクチク……完成!
a0170307_1736995.jpg


何色使おうか迷ったけど、なんとなく地味めなおじさん風の帽子だったので、刺繍で少し子供っぽく。
信号風ではなく、レゴ風で。

さて、これから常会(自治会的な地区)の婦人会の新年会に行ってきますin近所の旅館。女子会ではあるが、息子も参加。たまには他の人とご飯食べるのもこれまた気分転換で良いもんね。
[PR]
by erichamereon | 2013-01-26 16:55 | おうちしごと

満足ディ

今日は雨。

なので、いつもよりのんびりムードで進行中。やりたかった家の中の事をここぞとばかり済ませたる。

嗚呼、せかせかして息子にハッパかけずに、穏やかでいられる事のこの上ない幸せよ。

何と無く仕舞いっ放しになっていた屋根裏と、イマイチ使いづらかった棚の中を、棚やファイルやらを駆使してお片づけ。おかげで、リフォーム後から使われずにいたいらない物を「ありがとうございました」して、カテゴリー分けもして、前よりも必要な物を見つけやすく・使いやすく、空きスペースも増えて、何とスッキリ気持ちの良い事!

最近毎度のこと、イライラ悶々としていたから、それらのストレス発散にもなったし、片付けって素晴らしいわ〜。

しかし結婚してから気付いた自分の知らない一面、自分は結構細かくて綺麗好き?潔癖な所も若干あり、これは独身実家暮らしの時にはあり得なかった。何でもやりっ放しで片付けもへたくそで汚部屋とまではいかないが、いらない物と同居してたなぁ。

それが主婦になったとたん、不思議であーる。

そんな母の隣では息子が昨晩の残りの鍋でおじやを作ってくれました!
…というのは…夢物語のようですが、最近の息子は台所にたって作業してる私の真似をよくするのだ。椅子を自分でずりずり持ってきて隣に立ち、じゃがいもや人参の皮を剥こうとしたり、お鍋の中をかき混ぜたり。

若干おじゃま虫ではあるけど、料理男子になって欲しいという母の密かな想いを実現させたいので、ここは台所仕事の楽しさを実感してもらいましょう。

まだ日本語は話さないけど、「ディッジュー」とか「ジュッジュー」とかで意思表示して、でもリスニングは完璧で、面白いなぁこの時期、と思う。

俗に言う、「魔の二歳児」までもう少しだけど、その自我の芽生え?を受け止めて楽しく過ごせたらと思う母であった。
a0170307_12221714.jpg

期待してまっせ!
a0170307_12221890.jpg

[PR]
by erichamereon | 2013-01-22 11:45 | おうちしごと

今日は何の日。北の国から。

ピンポーンと、ゆうパックのおじさま。手には箱。受け取って衝撃!

こ、これはアムプリンではないか!

アムプリンとは、東京でプリンを移動販売で売っていたご夫婦が何年か前に北海道へ移住して、私の理想の様な暮らしをしながら、自然の中でシンプルに作られているプリンである。

依頼主は実家母。
ピピン!これはあれか…と思った私の記憶は数年前の両親の結婚記念日。

愛読していた高山なおみさんのエッセイにちょいちょい出てくるアムプリンというキーワードに興味深々だった私は、そのユニークで愛らしいHPとアムちゃん(作っている方)が気に入って、両親の結婚記念日にプレゼントとしてお取り寄せしたのです。そして、その時の胸キュンなラッピングと何とも言えぬやみつきになる味が忘れられず、いつか再会したいと密かに想っていた。。

そして開封。
a0170307_23545538.jpg

イヤハーッ、何てどストライクな風貌!メッセージ!

そうです、1月17日。
3年前のこの日に私はトラックに揺られこの地へ参りました。温かいお布団の中の様な生活から、この極寒の地へ希望を胸に身を投じたのです。(前向きか後ろ向きか分からんぞ)

そしてほぼ毎日すったもんだありますが、こうして結婚して3年が経ちました。「3年」の、「3」というのは、よく仕事でもなんでも、「とりあえず3年やってみろ!」と言われるように、ある意味節目のような扱いだけど、実際は3年やってみて分かった事も分からんこともそれぞれあって、まだまだ課題は山積みだったりして、とても答えが出てくるようなもんではないぞ。まだ3年しか経ってないんかな〜、というのも正直な感想。

でも、1年やそこらでは知り得ないことは確かに沢山あるので、長く続けるというのはそれだけでも充分重要なのかもな、とも思った。

数々のピンチが襲いかかり、何度諦めそうになったことか。というか、こんなに修行じみてるものなのかしらん、一般的には。

まぁまだ3年生。たくさんのお勉強が待っています。

甘いこのプリンをじっくり味わって、今後の活力にいたしましょう。
a0170307_23545619.jpg


このプリン、中身のお味は卵!なプリンだけど、一番上の所が牛乳と生クリームの乳脂肪分が固まってクリーミーな、でもカラメルの香ばしい何とも言えぬ美味しさだし、そのへんに売ってるプリンとは色んなことが型破りなので、お取り寄せしてみる価値はありますぞ。

しばし幸せに浸って、よい1日の締めが出来た。
a0170307_23545715.jpg

息子氏、狙う!
[PR]
by erichamereon | 2013-01-17 23:17 | 考えごと

小休止。

雪がまたまた降ったどー。

今季の冬はよく雪が降る。
今日のは、関東甲信越のあちこちで結構降ったらしく、高速道路はいたるところ通行止め。
a0170307_23133787.jpg

a0170307_23133816.jpg

しっかり積もったから坂道をソリとかで滑りたくなる。でも重たい雪で雪掻き大変そう。結局午後まで降って、でも水分多めの雪ゆえある程度積もったらそこからは積もらなかった。

雪掻きという体力仕事はあるものの(男性チームよろしく)、今日は家の中でできる事をこまこま。掃除した後は洋服の毛玉取りしたり、テーブルクロス仕立ててみたり、普段畑へ行ってしまうとなかなか出来ない細かい家の事が出来るからこういう日があるのは個人的には嬉しい。年始のお休み後はちゃんと畑へ出て剪定後の枝の片付けなどやったけど、いきなり真面目にやったものだから体にドッときたのでお休みできてありがたい。

しかし、予想外の大雪により買い出しに行けず、あるものでご飯を作ったら、また冷蔵庫がからっぽになってしもうた。このまま大雪が続いていたらどうなるんだろ。。

そんなところ、クリスマスに頂いた無農薬のレモンで、「レモンカード」なるものをつくってみた。カード?レモンの形のメッセージカードではありませぬ。レモンのジャムみたいなやつである。なになに?バターと卵3つも入るんかな?夫は昔東京にいた頃に食べたことあるらしいけど、私は初耳なので、レシピみていざ製作。折角の無農薬レモンだもの、皮をすりおろして使うこのレシピぴったりね。
a0170307_23133991.jpg

[材料]
*レモン3個
*バター60g
*グラニュー糖200g(無かったので素精糖使用)
*卵3つ

[作り方]
①レモンの皮をすりおろす。黄色のところだけ、白いワタまですると苦い。
②レモン汁も絞っておく。(写真右下)
③ボールに卵を割りほぐす。
④バターを1cm角に切る。
⑤ ③のボールに②と④とグラニュー糖を入れてさっくり混ぜる。
⑥お鍋に50℃くらいのお湯を張り、湯せんでボールの中を溶かす。のち、火を付ける。底の方からしっかりと混ぜて、もったりとするまで混ぜる(30分くらい…根性いる。)
で、完成。
a0170307_23134155.jpg


ありゃ、グラニュー糖があんまりなかったので、素精糖(きび砂糖)でやったら茶色になっちゃった!(あたりまえね)
なのでここは、レモンの綺麗な黄色を生かすためにグラニュー糖でやるべきだ。無いならちゃんと用意するべきだった。

しかし、色は悪いが味は美味しい、ジャムよりもコクがあって、なんともケーキのフィリングにも使えそう。

今日はいろいろできて満足じゃった。
[PR]
by erichamereon | 2013-01-14 22:36 | おうちしごと

おら、まちへ行っただ。

ただいま。
行ってきました。

11日間のお里帰り。

いやはや、やはり別世界だった、東京は。実家のある場所はその中間な感じだけど。だが、新しい建物はバンバン建ってるし、見たことないお店はできてるし、新しく道路も開通、電車も開通。
この猛スピードに進んでく世界は何なんだ?!
まるで田舎だけ取り残されているような、ゆっくりとした別の時空の様な。

しかし、たまに行くものだから終始楽しかった。

そして「東京あったかーい♫」
気候が。(今、皆寝静まった羽毛布団の中でこれを書いてるが、鼻が冷たい!さすが長野。久々だ、この感じ。息も白い…)

息子は実家の父母妹にかまってもらって飽きなかっただろう。お庭のみかんの木でみかん狩りしたり、鉄道公園で電車や模型見たり、最終日の夜は、幼児にあるまじき「夜更かし」までして特別な日々であった。
a0170307_23233638.jpg



そして帰りは、初の電車旅。
朝9時に実家を出発してこっちに着いたのは3時過ぎ。岡谷までスーパーあずさで、残りは鈍行各駅停車。一体何駅あったんだろう?すんごい遠いけど、伊那谷の景色が美しすぎて窓にふたりでへばりついて見てたから全く飽きなかった。むしろ、いつも車で高速に乗ってビューンと一瞬にして過ぎて行く景色をゆっくり見れるのはたのしいことだ。
a0170307_232335100.jpg


今回はだいぶ長く不在にしてたけど、ゆっくり実家ライフを満喫できた事は良い事、しかしその反面、不在中の家の中の清潔のレベルが保てなくなるのはよろしくないこと。仕方ないが、長期滞在もむつかしい。(玄関の鉢植えたちも枯れた…)

さて、剪定作業か始まってる模様、明日からスイッチ切り替えてぼちぼち頑張ろう。おうちの事も。
[PR]
by erichamereon | 2013-01-11 22:51 | おでかけ

あけましておめでとうございます。

今年もどうぞ宜しくお願いします。


朝、起きたい時間に起きて、洗濯など必要最低限の家事をして、親子3人で散歩しながら氏神様に初詣。

のち、お年取りの残りを食べて、後はのんびりゴロリ息子と遊ぶ。

夜ご飯もおせちの残り物とお雑煮にするから「夜ごはんの献立何にしよう…」と悩むことも無し!

ん〜、なんて至福の時。

こんなにのんびりできるの、主婦になってからはほぼ皆無だから、このお正月の時間は天国のようじゃ。

…と思ったら、明日から実家へ帰省するんだった!つまり、あと1週間ちょっとは、のんびり浦島太郎のバカンスな訳で、しっかり休業させて頂きます。

そして戻ってきたら、剪定ですかな。

このブログも1週間ちょっとお休みします。


さよなら、さよなら。
[PR]
by erichamereon | 2013-01-01 23:57