夢の中・・・。

披露宴まで0日!

昨日はこちら(飯田)側メインの披露宴(のみ)をしました。
ここ何日かは、雨だったり、曇っていたりで、パッとしない日が続いていたんだけど、
14日当日はとーっても良いお天気で、太陽がばっちり照りつける春のような陽気でした。

前日から、お義父さんの弟さん夫婦と、りんごのオーナーをやっていただいてるご夫婦の
2組が泊まっていて、前日から家は賑わっていたのでお喋りタイムもみんなでお風呂に行くのも
楽しいものでした。このオーナーさんご夫婦は、私たちのキューピットと言っても過言では
ないくらい、ふたりを後押ししてくださったので、祝辞をお願いしていました。
当日は、バッチリ素敵な祝辞を読んでいただいてありがたい限りです。

こちらでは、お組合という東京でいうご近所さんをみんな呼ぶ風習があるので、
お義父さん関係の人、夫関係の人、お組合、ということで70人くらい呼びました。
そして私は、8割くらい知らない人・・・という状況。

お料理が美味しいと知り合いの方が推薦していた所でお願いしたけど、ほんとうにお料理
美味しかった!!割とお嫁さんというのはなかなか食べれない(時間もないし、大勢の前だし)
らしいが、私はすべて完食!
こんな美味しい物を食べないなんて、もったいなさ過ぎるぜ。
ドレスも締め付けるような苦しいものではなかったので良かったです。
コテコテな披露宴はしたくなかったから、キャンドルサービスもケーキカットもせず、
普通の食事会風にしましたが、唯一余興は受け入れて、お義父さんの同級生グループが踊って、
竜峡小唄という盆踊りの唄のようなものを振り付けと共にやってくれて、
お組合の方々は「信濃の国」という、長野県民なら誰でも歌える県歌を歌ってくれました。
招待客のほとんどが長野県民なので、大合唱です。長野県民として生きるのは、
これが歌えないとダメらしい・・・。
ちなみに6番まであるらしい・・・・。

東京ではまず無い感じの披露宴で面白かったー。

当日思いついたことを言えばいいや〜と思ってた謝辞も、なんとなく良い感じに言えたし、
クラシカルな花嫁姿が理想で、オードリー・ヘップバーンや、グレース・ケリーをイメージ
していたけど、何人からどんぴしゃなことを言ってもらえたのでうれしかった〜。
こんな事言ったら、か〜なり偏見だけど、田舎の披露宴はあまり期待していなかったので、
予想以上の出来栄えに感激しました。

最後の見送りでは、家の林檎を使ってケーキを焼いた物を渡しました。
ラベルも似顔絵を描いてシールにして・・・。
約80個、3日間夜遅くまで焼いた甲斐がありました。よく頑張った、おいら!
まずくなく、おなかを壊さないことをひたすらに願う・・・。
イラストがかなり可愛く書けたのでこれから、農園のキャラクターとして使いたいところ。
乗っ取りたいなぁ、ヒロリン。(←現キャラクターの名前)

とにかくとにかく、バッチリメークしてもらって、イベントの主役になることなんて
なかったから、夢の中の出来事の様で、自分のことでは無いような気がしていました。
関わってくださった全ての人に感謝でございます。あぁ、ありがたし、ありがたし。

そして、埼玉の家族も家に泊まって、ひさしぶりの再会を楽しんだ1日でした。



a0170307_22133618.jpg

[PR]
by erichamereon | 2010-03-15 17:18 | おでかけ


<< ほねやすめ。 農作業三昧。 >>